腹直筋 ふくちょくきん

痩せた、太った、トレーニングしてる、してない、シックスパット、シックスパック、とにかく今の世の中、腹筋が渦巻いている。割れた腹筋に男性は憧れ、うっすら腹筋に縦のラインが入ったお腹に女性は憧れる。割る、割らない話だけでなく、ポッコリお腹を引っ込めるのもこの筋肉。また脊柱起立筋と同様の抗重力筋として日常生活のすべての動きに対して働く筋肉であるためすべての人がトレーニングすべき筋肉であり、体幹を構成する筋肉である腹直筋は下半身からの力を上半身により効率よく、力強く伝える為の連結部分になる為スポーツを楽しむすべての人に必要な筋肉でもある。

他にも、腹直筋は縦の線(白線)横の線(腱画)により4~8個に割れており、この縦横の線は人それぞれで違いがあり、すべての人が6パックになるわけではない。つまり、4パックの人も8パックの人もいる事は忘れてはいけない。4パックの人は遺伝で溝の数が決まっているため、6パックにならなくても心配いらない。また整形しない限り6パックにもならない。最近女性の方で目指している方も多いアブクラックス(縦に線が入っている腹筋)も同様の事からどれだけ頑張っても縦に線が入らないかもしれないので無理なダイエットは禁物である。

いずれにせよすべての人の腹直筋は何個かに必ず割れている。割れていない人はいない。割れていない、溝もない人はそれだけ脂肪がついている事になり、まずはダイエットが必要になる。腹直筋は立っているだけで常に働く筋肉の為持久力が必要とされる筋肉であり、また表面積だけでみると上半身の中でも大きい筋肉と思われているが、実際の筋体積で見ると力こぶの筋肉(上腕二頭筋)の半分程の体積しかなく、うすくひらぺったい筋肉であるためなかなか大きくなりづらい筋肉の為どれだけトレーニングしてもお腹はまず割れない。

腹直筋は骨盤の動きにも直接的に関係するため、腹直筋が強すぎても弱すぎても普段の姿勢を悪化させるだけでなく腰痛の引き金になってします可能性もある。つまり腹直筋のトレーニングは腹直筋のトレーニングだけでなく全体の筋力のバランス、また目的によってアプローチの仕方を変えてトレーニングしないと時間の無駄に使ってしまうかもしれない。

マシンクランチ

肘、膝を閉じて肋骨を締めるイメージ。股関節ではなく、おへそから動かす。

身体を倒しすぎない(床で行う場合、起こしすぎない)。

肘、膝が開いてしまっている。股関節を中心に身体を動かしてしまう。

この記事の文章

甲村 隆一朗
RYUICHIRO KOMURA

レヴィアス名古屋

専門学校在学中よりスポーツクラブで運動指導を行いながら、トレーナーとしての技術を学ぶ。専門学校卒業と同時に大手フィットネスクラブに入社。ボディメイクに特化したトレーニングを習得。自身の肉体改造も行い-15キロの減量にも成功する。

ほしいのはキレイなからだ

REVIASの姉妹店 BLENDA RÊVE出版記念特別キャンペーン!

『ほしいのは、キレイなカラダ!』をご持参頂くと、体験代が無料に!
✳︎当キャンペーンは2018年12月31日までとさせて頂きます。