ハムストリング はむすとりんぐ

モモ裏の筋肉。

一見あんまり必要のない部位にも見えるがそれは大きな間違い。大殿筋と連動して働き、歩行からすべての動きのシーンで活躍する筋肉。なかなか注目もされず、細かすぎてなかなかトレーニングもされない部位ではあるが、美的観点からだけでなく健康の観点から見ても必ずトレーニングしたい部位。

下半身の基礎

まず健康的観点からこのモモ裏の筋肉を見ていく。このモモ裏の筋肉の存在を誰もが感じる時は前屈の様な身体の柔軟性をチェックする際である。この筋肉が固く、柔軟性がなくなることによって、骨盤が丸まった方に傾きその骨盤の連動から姿勢が猫背になりやすくなってしまう。またこの筋肉の硬さから骨盤の動きが制限され、腰にも負担がかかり、腰痛の原因となるか可能性もある。さらに、柔軟性が低下することにより、モモ裏の筋肉がますます使われなくなり、結果としてももの前面に負担がかかりやすくなり、ももの前面の筋肉は膝の動きに関与する為、膝痛の原因になる可能性もある。モモ裏の筋肉はお尻の筋肉と連動して動くため、お尻の筋肉がうまく使えない、その結果、モモ裏の筋肉も使えない。またモモ裏の筋肉がうまく使えない、その結果、お尻の筋肉もうまく使えない。ニワトリと卵の様な関係である。

人間の身体で一番大きな筋体積を持つのが、ももの前面の筋肉(大腿四頭筋)、二番目がお尻の筋肉(大臀筋)そして三番目がこのモモ裏(ハムストリングス)の筋肉になり、ももの前面の筋肉と同様にモモ裏の筋肉を鍛えていかなければ、ももの前面と後面のバランスがとれなくなる。ただでさえ意識のしづらい筋肉になる為、ほとんどの人が、ももの前面を主に使うような身体の動かし方になり、その結果、骨盤の動きは更に制限され、お尻とモモ裏の筋肉はますます使われる機会を失っていく。また骨盤の動かし方、骨盤の位置がこのモモ裏の筋肉を動かす事に重要なポイントになり、骨盤の動かし方、位置が分からないとトレーニングの際、腰、ももの前面に負担がかかる場合がある。

日常生活でも大事なハムストリングの強化

このことから生きる上での生命維持、また日常生活を行う上で必ず鍛えておきたい部位である。美容的観点から見てもこの筋肉の作用は大きい。下半身痩せ、O脚改善、女性の気になる脚の悩み、問題を改善するのもこのモモ裏の筋肉が大きく関わってくる。モモ裏、お尻の筋肉は普段の生活で使うことは難しく、意識的に動かしていかなければいけない。その点ももの前面の筋肉は無意識に使いやすくその結果、ぱんぱんに張った太ももが出来上がってしまう。またももの内側の筋肉、お尻の筋力の低下で起こるO脚に関しても同じことがいえる。モモ裏の筋力低下は連動して内ももの筋肉またお尻の筋肉にも波及し、一見関係ないようで関係あるのがこのモモ裏、ハムストリングスである。

トレーニング愛好家にとってもこのモモ裏のトレーニングは一工夫必要な筋肉である。この筋肉の筋繊維は構造的には羽状筋になるが、平行筋に近い羽状筋とされ、動かせる可動範囲でしっかりと動かしてトレーニングする必要がある。モモ裏を鍛えるマシンでも座った状態で膝を曲げるマシンと、うつ伏せで寝た状態で膝を曲げるマシンの二種類があり、これは座った状態でひざを曲げるマシンはモモ裏がしっかり伸びた状態のところから動かし、うつ伏せの状態で膝を曲げる場合はモモ裏を収縮させる為であり、動かせる範囲をしっかりと動かすトレーニングが重要である。

効果的な運動

ライイングカール

膝を軽く曲げたポジションからスタートし、ひきつける際に足首に力が入りすぎないこと。

お腹をパットに押し当てて腰を反らない。

ストレッチの際に膝が伸びきってしまう。そうすると、ハムストリングより膝への負担が大きくなってしまう。

引き付ける事を意識しすぎて反り腰になってしまう。

ワンハンドダンベルデッドリフト

胸をしっかりと張り目線はやや前に。肩甲骨を軽く寄せてダンベルは身体に沿って下ろす。

ストレッチをかけたい方の脚の膝を伸ばし、ダンベルは過度に下ろさない。

背中が丸まり、肩が前方に出てしまう。

ストレッチをかけるべく膝が過度に曲がってしまい、ハムストリングから刺激が抜けてしまう。

この記事の文章

甲村 隆一朗
RYUICHIRO KOMURA

レヴィアス名古屋

専門学校在学中よりスポーツクラブで運動指導を行いながら、トレーナーとしての技術を学ぶ。専門学校卒業と同時に大手フィットネスクラブに入社。ボディメイクに特化したトレーニングを習得。自身の肉体改造も行い-15キロの減量にも成功する。

ほしいのはキレイなからだ

REVIASの姉妹店 BLENDA RÊVE出版記念特別キャンペーン!

『ほしいのは、キレイなカラダ!』をご持参頂くと、体験代が無料に!
✳︎当キャンペーンは2018年12月31日までとさせて頂きます。