ビタミンB群

ビタミンB群

 エネルギーを作るのになくてはならないビタミンがビタミンB群です。ビタミンB群にはいろいろな種類があり、B1、B2、B3(ビオチン)、B6、B12、葉酸などがあります。生きていく上で必要なエネルギー産生に欠かせない存在で、あらゆる種類の酵素の補酵素として相互に作用している為、単体では効果を発揮しにくいです。ですので、効率的にエネルギー代謝をするには複合摂取が良いということです。

筋肉や脳を含む、体内すべての組織がエネルギーを使います。細胞が利用できるエネルギーの形をATP(アデノシン三リン酸)といいますが、これを作り出す材料がビタミンB群です。ビタミンB群が充分にあると、乳酸がピルビン酸に代謝され、ATPを作ります。ビタミンB群や酵素が不足すると、ブドウ糖がうまく代謝されずに乳酸となって体内に蓄積します。普段、トレーニングをしていて、なかなか疲れが取れない、筋肉痛が激しい、肩こりがひどいなどもビタミンB群の不足かもしれませんよ。

ビタミンB群が不足する原因は?

  • 食品の精製、加工、保存によってビタミンB群の含有量低下

加工食品によって人間は便利な食生活(保存がきく等)を送ることができるようになりました。しかし、それと引き換えに大事な栄養素を失っていることを頭の中に入れておいてください。

 

  • 消費量の増加。慢性の炎症、感染症、悪性腫瘍、ストレス、甲状腺機能亢進症、過度のアルコール摂取、妊娠、授乳、カフェイン飲料の過剰摂取、加齢、過食など

なんでもそうですが、良いものでも食べ過ぎは注意です。

 

  • 特定の薬物摂取によりビタミン吸収作用が阻害される

 

  • 静脈注射

高カロリー輸液を静脈注射する場合、糖代謝を円滑に行うにはビタミンB群が必要である為、消費量が増える。

  • 抗生物質の長期服用

ビタミンB群は腸内細菌によって生合成されますが、抗生物質の長期服用によって腸内の細菌嚢が乱れ、ビタミンB2などの含有量が減少します。

ストレスが増えた時や薬を飲んだ時、外食や飲み会が増えた時は、ビタミンB群の消費量が増える為、積極的にビタミンB群を摂取していきましょう。

また、糖質を代謝するほうが、タンパク質を代謝するよりビタミンB群を多く使いますので糖質ばかり食べがちな食生活ですと慢性的な欠乏症に起こりやすいのでご注意ください。

REVIASではどのような食事、サプリメントを摂取すれば良いか、体験でもアドバイスしていますのでぜひ体験へお越しください。

この記事の文章

増田 勇次
YUJI MASUDA

レヴィアス名古屋

大学で福祉を学びながら、フィットネスクラブのアルバイトをする。その中で福祉の前で人々を健康で幸せにしたい思いとトレーナーを目指す。スポーツクラブにてトレーニングのサポート、お子様の運動能力向上スクールコーチ、フィットネス部門責任者としてスタッフ育成を経験する。それから名古屋の経営者専門パーソナルトレーニングジムで活動して現在に至る。

ほしいのはキレイなからだ

REVIASの姉妹店 BLENDA RÊVE出版記念特別キャンペーン!

『ほしいのは、キレイなカラダ!』をご持参頂くと、体験代が無料に!
✳︎当キャンペーンは2018年12月31日までとさせて頂きます。