クレアチン

クレアチン

クレアチンとは、アミノ酸の一種であり体内で合成され、大部分が”クレアチンリン酸”として筋肉に存在しています。

クレアチンリン酸は、筋肉が収縮する際にエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)の再生に使用されます。

クレアチン最大の特徴は、強度の高いトレーニング時にも素早くエネルギーを作り出すようサポートしてくれることで、”短時間で最大限のパフォーマンスを発揮”したいときにおすすめできます。

クレアチンサプリメントは、アスリートはもちろんのこと、趣味でトレーニングを楽しんでいる人々にも使われています。安全性についても、適切に摂取すれば問題ない事が確認されています。

クレアチンは、およそ95%が骨格筋内、他にも脳や網膜などにも存在して、絶えずエネルギーを作り出しています。

筋トレにおけるクレアチンのススメ

昨今ダイエットやボディメイク、スポーツにおいて様々なサプリメントが推奨されているが、効果としてあまり証明されていないものも数多く存在しています。

そんな中でもクレアチンは筋肥大、パフォーマンスの向上の効果において「明らかに安全で効果のある強力なエビデンスを示すもの」に分類されているのです。

クレアチンに最も期待できる効果は、前述したように”ATPの再合成”です。
このATPは瞬発的な運動を行う際にエネルギーとして使用され、クレアチンが筋中に豊富に存在することでATPをより多く作りだすことができます。

つまり、今まで5回しか上がらなかったウエイトが7回、8回とより多くの回数を挙上することが期待できるのです。

クレアチン摂取タイミングとは?

一昔前まで、ATPの再合成という観点からクレアチンはトレーニング前に飲む、という意見が多く見られました。
しかし、クレアチンが筋肉に貯蔵できる量は予め決まっているため、もし既に筋肉に十分に貯蔵されていた場合は排出されてしまいます。

そのため、トレーニング後にプロテインなどと摂取することがオススメです。
また、その際にはクレアチンの効果をより発揮できるよう、炭水化物(ブドウ糖やデキストリン)などと一緒に摂取するようにしてください。

また、以前はクレアチンの飲み方について”ローディング”と言われる飲み方が主流でしたが、腎臓へのリスクが無いことが確認されたため、毎日飲み続けていただいても問題ありません。
しかし、一度に大量に摂取することでお腹を下してしまうことがあります。

一回に摂取する量は3~5g、初めての方は少しずつゆっくり筋肉内のクレアチンをチャージしていきましょう!

ここまで紹介したクレアチンですが、プロテインやBCAAのように筋肉の材料となるものではありません。
しかし、ここまで効果が実証、体感されているサプリメントは少ないと言えるでしょう。

これまでトレーニング後に飲んでいたプロテインに、+αクレアチンを加えてみてはいかがでしょうか。

トレーニングライフをより充実させてくれること間違いなしです!

この記事の文章

樽本勝司
Shoji Tarumoto

レヴィアス田町

小、中と野球に励み、その後陸上競技に転向。3年生最後のインターハイ予選前に怪我をし、リハビリで始めたウエイトトレーニングにのめり込む。大学でさらにその思いが加速してしまい、「学校に行ってくる。」と言いつつジムに入り浸る生活がスタート。学費の支払いや興味の持てない授業に疑問を感じてしまい、一念発起し都内のパーソナルジムに就職、四年間でパーソナルの知識や接客のノウハウを学び、REVIAS田町店へ。

ほしいのはキレイなからだ

REVIASの姉妹店 BLENDA RÊVE出版記念特別キャンペーン!

『ほしいのは、キレイなカラダ!』をご持参頂くと、体験代が無料に!
✳︎当キャンペーンは2018年12月31日までとさせて頂きます。