Lカルニチン

最近注目されつつあるLカルニチン。皆さんも耳にしたことはあるのではないでしょうか。よくテレビ番組のダイエット特集などで、羊肉は脂肪燃焼効果がある!赤身肉のススメ!といった見出しを目にすることがあるのですが、これは赤身肉などに含まれるLカルニチンの事を指しています。

カルニチンとは、アミノ酸をもとに体内で作られる成分のこと。羊肉やレバーなどの赤身肉に豊富に含まれ、肉を表すラテン語「carnis」が由来します。カルニチンは成人の体におよそ20g存在し、肝臓や腎臓、心臓、脳などにも微量ながら存在しますが、そのほとんどが筋肉に含まれています。1日当たり10~20mg程度が体内で合成されますが、その材料の多くは肉を食べることによって調達されます。

Lカルニチンの働き

ダイエットにおけるLカルニチンの役割は非常に簡単です。

  • 血液中の遊離脂肪酸を、細胞内のミトコンドリアに取り込む

これです。

脂肪は消化酵素によって分解され、脂肪酸という物質になって小腸から吸収され血液中を巡ります。この脂肪酸が細胞内に取り込まれ代謝されて、エネルギーに変わるのですが、脂肪酸は、細胞内にある「ミトコンドリア」という“脂肪燃焼工場”に引っ張り込まれてはじめて、エネルギーに変わることができます。このとき、脂肪酸をミトコンドリア内に運び込む役割を担っているのがカルニチンなのです。つまり、カルニチンが多いほど脂肪が燃焼されやすくなるのです。

それ以外にもカルニチンが不足すると脂肪酸はミトコンドリア内に運搬されなくなるために体はエネルギー欠乏を引き起こしやすく当然疲れやすくなります。心臓の筋肉でもエネルギーが生み出せませんから、例えば階段を駆け上がったときや信号が点滅して小走りしただけでも動悸が激しくなる事も考えられます。また、エネルギーを作りにくいと体は熱も産生しにくくなる。身体の冷えを感じるようになるのはLカルニチンが不足しているからかもしれません。

ただし、飲むだけで痩せるような魔法のサプリメントは存在しません。Lカルニチンを有効に活用するためには大切なファクターが存在します。それが筋トレ(高強度の無酸素運動)。なぜなら脂肪のままでは分子が大きすぎて細胞に取り込んでエネルギーとして活用することができません。脂肪を【遊離脂肪酸】と【グリセロース】に分解し、そこで初めて遊離脂肪酸をLカルニチンがミトコンドリアに運搬することができるのです。※グリセロースはその後肝臓にて別のエネルギー回路に変換されます。

筋トレ後、2時間程度経過すると成長ホルモンが多く分泌されるのですが、成長ホルモンは脂肪の分解を促す効果があるため、筋トレ+Lカルニチンの摂取で脂肪燃焼効果に期待ができるのです

Lカルニチンとその他サプリメント

Lカルニチンとスタックする事で、ダイエットやエネルギー効率をより高めることができるサプリメントが存在する。それが、αリポ酸COQ10になります。COQ10に関しては、CMで見たことがある方も多いかと思います。

αリポ酸は糖代謝の手助けをします。そもそも、身体のエネルギー消費の順番は基本的に糖質→脂質、この順番です。糖代謝を素早く行うことで、更に早く脂肪をエネルギーとして利用することができます。

COQ10は、脂肪をATPというエネルギーに変換する最後の工程をスムーズにする働きがあるため、αリポ酸、Lカルニチンと合わせた3つの摂取で糖質と脂質の代謝がより亢進されると考えられます。また、COQ10はミトコンドリアの中にみられるのですが、ミトコンドリアは心臓に多く存在するため、COQ10を摂取することで心臓が正常に働き、心疾患の予防になるとも言われています。

最後に

今回紹介したLカルニチンは、ダイエットやスポーツパフォーマンスアップにかなり有効と言えます。またそれだけでなく、健康かつアクティブな毎日を送ろうと考えている方にも必要になるサプリメントです。運動習慣と効果的なサプリメントの組み合わせで、1日でも長く健康でいられる身体つくりをしていきましょう!

この記事の文章

樽本勝司
Shoji Tarumoto

レヴィアス田町

小、中と野球に励み、その後陸上競技に転向。3年生最後のインターハイ予選前に怪我をし、リハビリで始めたウエイトトレーニングにのめり込む。大学でさらにその思いが加速してしまい、「学校に行ってくる。」と言いつつジムに入り浸る生活がスタート。学費の支払いや興味の持てない授業に疑問を感じてしまい、一念発起し都内のパーソナルジムに就職、四年間でパーソナルの知識や接客のノウハウを学び、REVIAS田町店へ。

ほしいのはキレイなカラダ

REVIASの姉妹店 BLENDA RÊVEから本が出版されました!女性のボディメイクに関する情報が詰まってます!