グルタミン

アミノ酸の一つであるグルタミンは、グルタミン酸とアンモニアから作られます。以前ご紹介したことがあるかと思いますが、アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。グルタミンは普段非必須アミノ酸ですが、『ある条件で必須になる』アミノ酸の代表です。そのため“条件下必須アミノ酸”または“準必須アミノ酸”と呼ばれています。またグルタミンは筋細胞内に存在する遊離アミノ酸の60%を占めるため、トレーニングにおいては非常に重要であると考えられます。

どのようなタイミングで必須アミノ酸となるか

グルタミンはハードな運動およびトレーニング、睡眠不足などの精神的な疲労下において必須アミノ酸となります。普段は身体の中で必要な分が合成されるのですが、上記のような身体にストレスがかかった際に大量に必要になり合成が追い付かなくなります。そのような場合は外部から摂取する必要があるのです。

グルタミンの効果とは

グルタミンは身体で合成ができるため基本的に非必須アミノ酸ですが、健康的な生活を送りたい方や運動を日常的に行っている方であれば、マストで摂っておきたいサプリメントの一つと言えます。

・筋肉の分解抑制

きついトレーニングを行えば身体はそれをストレスであると感じます。この時にストレスに対抗してエネルギーを作り出すのですが、筋肉からグルタミンを分解してエネルギーの材料にしてしまうのです。サプリメントとしてグルタミンを摂取しておくことで、この筋分解を未然に防ぐことができます。

・免疫力の向上

これを目的として摂取している方は非常に多く、私もトレーニングをハードに行った翌日の発熱に悩まされていました。そこでグルタミンを日常的に飲むようにしたところ、ほとんどその症状がなくなりました。※個人の感想です。

リンパ球などの免疫細胞や腸管は、このグルタミンをエネルギーとして活用しています。腸管にある絨毛はウイルスや細菌を阻止してくれる働きがあり、さらにグルタミンの濃度が高いほど免疫細胞の増殖が起こりやすくなるため、風邪を引きにくくなるようです。適度な運動と合わせることで、より健康的に過ごせると言えるでしょう。

・消化管機能のサポート

先ほども述べたように、グルタミンは腸管の重要なエネルギー源となります。腸管にある絨毛は食事から摂った栄養素を吸収し、肝臓を通して全身へと送ります。グルタミンにはこの絨毛を修復する作用があると共に、薄くなることを防ぐ役割があります。免疫力の向上の部分と重複しますが、グルタミンの摂取で絨毛を健康的な状態に保つことで、ウイルスや細菌をブロックすることができます。また、食べたものをしっかりとエネルギー変換できるようになるのです。

グルタミンがオススメな方と摂取タイミング

ハードな運動やトレーニングをしている方には非常に重要なサプリメントと言えますが、身体を動かしていない方にも十分にオススメできます。健康でいるために免疫力を上げたい。風邪をよく引いてしまうので何とかしたい。そのような方にもぜひ試していただきたいサプリメントです。身体を動かしている方であれば、オススメはトレーニング後や就寝前になります。また、朝一での摂取もオススメできます。

トレーニング後は、身体にストレスがかかっているため筋肉内からグルタミンが取り出されてしまうタイミングです。また、グルタミンはアミノ酸であるため直後に摂取をしても胃に負担がかかりません。まさに一番必要なタイミングと言えるでしょう。

グルタミンを摂取することで、成長ホルモンが分泌されることが報告されています。成長ホルモンはコラーゲンの合成や脂肪燃焼効果が認められているため、最も分泌される就寝の前に飲むこともオススメです。

朝起きぬけは、身体が最も飢餓状態にあります。もちろん固形物をきちんと食べることが一番大切ですが、身体つくりを本気で取り組んでいる方であれば朝一のグルタミン摂取も重要です。グルタミンやBCAAのように消化に負担のかからないアミノ酸は、飢餓状態である身体に素早く浸透します。一刻も早く活動するためのエネルギーを筋肉は欲しているため、固形物を食べる前にグルタミンやBCAAを摂取し、筋肉の分解を少しでも抑えてあげましょう。

最後に

グルタミンは運動の有無に関わらず、老若男女にオススメできるサプリメントです。摂取する場合は、一回に5g程度から飲んでみてください。激しい運動のあとには7~10gに引き上げても大丈夫です。強いストレスがかかるほど、身体はグルタミンが必要になります。個人的なグルタミンの最大の魅力はとにかく安いことです。身体に必要でありながら、必須アミノ酸と比べると格段に手が出しやすいと言えるでしょう。健康的な生活を送る第一歩として、ぜひ試してみてください。

この記事の文章

樽本勝司
Shoji Tarumoto

レヴィアス田町

小、中と野球に励み、その後陸上競技に転向。3年生最後のインターハイ予選前に怪我をし、リハビリで始めたウエイトトレーニングにのめり込む。大学でさらにその思いが加速してしまい、「学校に行ってくる。」と言いつつジムに入り浸る生活がスタート。学費の支払いや興味の持てない授業に疑問を感じてしまい、一念発起し都内のパーソナルジムに就職、四年間でパーソナルの知識や接客のノウハウを学び、REVIAS田町店へ。

ほしいのはキレイなカラダREVIASの姉妹店 BLENDA RÊVEから本が出版されました!