アルギニン

テレビCMなどでアルギニンやオルニチン、と聞いたことはないでしょうか。トレーニングをしている方がハマりやすいサプリメントの中に、“N.O”と呼ばれるものがあります。これは“ノー”ではなく、“エヌオー”と読むのですがこのN.Oサプリメントにおいて効果を期待されている成分の一つがアルギニンです。

アルギニンとは

アルギニンは非必須アミノ酸の一つで、体内で生成することができますが、その量が限られています。そのため食べ物から足りない分を補う必要があるのですが、アルギニンを多く含むナッツ類や豆類、シラスなどで必要な量を補おうとするとオーバーカロリーになってしまうことが考えられます。

アルギニンに期待できる効果

アルギニンは非必須アミノ酸で、BCAAのように直接的な筋肥大には関与していません。しかしながら、トレーニングをする上で非常に重要な役割があります。それが“血管の拡張”とそれによる“血液量の増加”になります。また、上記から踏まえると血管の拡張による動脈硬化の改善、予防も挙げられているのでトレーニングをされていない方にもオススメできます。

血管の拡張を行う際にキーとなるのが最初に記述したNOです。NOは一酸化窒素のことで、これが発生することにより血管が内側から拡張し、結果として血液量が増加すると考えられています。そしてアルギニンにはこのNOの生成を促進する効果があるのです。

血管が広がると筋肥大するのか?と考えられる方もいるかと思いますが、トレーニング後にプロテインなどのたんぱく質とアルギニンを摂取すると全身の血管の拡張効果により血流量が増え、より多くのアミノ酸を筋肉にとどけることができ、筋たんぱく質の合成を高められると考えられています。

もう一つアルギニンの効果として期待されているのが“成長ホルモンの分泌”です。アルギニンは、脳の下垂体という場所に作用して成長ホルモン分泌を促進します。成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれており、美肌効果や脂肪燃焼、骨を強くするなどの効果があります。

アルギニンは身体を大きくしたい方からダイエットをしたい方、健康の保持増進をしたい方にもオススメできるマルチサプリといえるでしょう。

ハードトレーニーに大人気!?

マルチサプリと言いながら、アルギニンはストイックにトレーニングに励む層に絶大な人気を誇ります。それは効果のところにも記載した、血管の拡張に起因しています。一般的にトレーニングで筋肉を痛めつけると、“パンプ”と呼ばれる血液が筋肉に集中してパンパンに張った状態になります。やっている側は身体が二回りも大きくなったように感じるのですが、N.Oの血管拡張効果でいつもより強烈に張ったような感覚に陥るのです。パンプの感覚はアルギニンの効果からすると完全に副産物的なものなのですが、ここにハマってアルギニンが病みつきになるトレーニーは非常に多いようです。

摂取のタイミング

アルギニンの摂取ベストタイミングはトレーニング前です。トレーニングの1時間前にアルギニンを飲むことで、トレーニング中の体内の一酸化窒素レベルを高めることが期待できます。また、成長ホルモンの分泌のタイミングで考えると夜寝る前もオススメしたいところです。減量中であれば、やはり成長ホルモンの事を考えて朝一に取るのもオススメと言えます。アルギニンに特筆すべき副作用は今のところ出ていませんが、摂取量は1回に3~5g程度から始めてみてください。そこから体調に合わせて容量を増やしても問題ないかと思います。

アルギニンはサプリメントとしてのエビデンスはまだ薄い部類に含まれるかと思います。しかし、その効果をトレーニングで体感されている方は決して少なくありません。また、アルギニンはグルタミンと同じく条件下必須アミノ酸です。身体が必要としているときにしっかり合成できるようにサプリメントとして摂取しておくことがオススメと言えます。

この記事の文章

樽本勝司
Shoji Tarumoto

レヴィアス田町

小、中と野球に励み、その後陸上競技に転向。3年生最後のインターハイ予選前に怪我をし、リハビリで始めたウエイトトレーニングにのめり込む。大学でさらにその思いが加速してしまい、「学校に行ってくる。」と言いつつジムに入り浸る生活がスタート。学費の支払いや興味の持てない授業に疑問を感じてしまい、一念発起し都内のパーソナルジムに就職、四年間でパーソナルの知識や接客のノウハウを学び、REVIAS田町店へ。

ほしいのはキレイなカラダ

REVIASの姉妹店 BLENDA RÊVEから本が出版されました!女性のボディメイクに関する情報が詰まってます!